夏こそ自分スタイルを貫こう!

夏コーデを考えるとき、他の季節と比べて周囲にどう見えるかを意識してしまう方が多いように感じます。

暑く映らないかな、重たくならないかなという心配はもちろん、汗も気になる季節なのでどうしてもコーディネートが単調になってしまい、周囲を見ても同じようなコーディネートに見えてしまいます。

もちろん、相手に不快な印象を与えないことは大切です。
しかし、周囲のことを考えすぎることによって、自分の好きな服やスタイルができていない方が多いのではないでしょうか。

おしゃれは楽しんでするものです。
周囲ばかりを気にしてコーディネートをすることは個性を抑制してしまうことにも繋がります。
だからこそ、夏コーデを考えるときは自分の好きなスタイルのアイテムを取り入れるように考えることが大切になるのです。

カラーバランスの関係で、全身お気に入りのアイテムでまとめることは難しいです。
秋や冬はかなりのバリエーションが可能になるため、おしゃれが好きな方は秋冬が非常に楽しく、夏は「早く終わらないかな」となってしまうもの。
しかし、1点お気に入りのものを身につけるとコーディネートのテーマを決めて、他のアイテムで上手に組み合わせるスタイルにしていきましょう。

人は自分の好きなものを身に着けているとそれだけで気分が上がってきます。
自分に自信が持てない方はなおのこと自分の好きなアイテムを取り入れることが必要です。

そして爽やかに見えるように細部にこだわってコーディネートをしていくようにしましょう。
夏のコーディネートは実は自由度が高いのです。
ポイントになるのは見せるところは見せるというメリハリです。
肌をいかに見せていくかが夏コーデでは重要になるのです。

言い方を変えれば、露出部分をしっかりと確立することでどんなアイテムでも取り入れることができるのが夏コーデなのです。
ブラックで統一してもよし、モノトーンで決めてもよし。
肌が見える面積を増やすだけで夏らしさをプラスすることができるのです。

露出を増やすというと、胸元や腕などを想像する方が多いと思います。
しかし、露出は上半身だけではないのです。
デニムを履いてロールアップして足首を見せるスタイルにすること、前髪を上げておでこを見せるようにすること。
これも立派な露出を増やすテクニックなのです。

これまで隠していた部分を見せるようにすることで肌の露出が増えるため、それだけで爽やかで清潔感のある印象を相手に与えることができるようになるのです。

この露出を増やすことで自分の好きなスタイルを貫くことができるようになります。
露出を増やすことで夏感を与えることができるため、自分の好きな服を好きなように着ることができるようになるのです。

もちろん、長袖やアウター等は厳しいですよ!笑
しかし好きなジャンルのアイテムや系統のファッションスタイルをすることができるようになるのです。

汗が気になる方でも今では汗止めや制汗アイテム等もありますし、保冷タオル等の熱中症予防アイテムも豊富にあるため、昔に比べてかなりの工夫を施すことができるようになっています。

このようなアイテムがあるからこそ、夏コーデの幅を広げることができるのです。
おしゃれを楽しむということは、服を着るだけではないのです。
それ以外の部分にも目を向けて、着たい服を着られる努力をすること。
それも立派なおしゃれの要素の1つなのです。

露出を増やすこと、夏に問題視される汗の対処をすること。
この2点に気を使うだけで夏のコーディネートの幅を広げることができます。

夏だからこそ、自分の身につけたいアイテムを身につけること。
そんな自分スタイルを貫くことがあなたにとっては一番のおしゃれなのではないでしょうか。
オリジナルTシャツ プリントなどあまり周囲を気にせずいいと思ったものを身につける自由なスタイルこそがストレス発散にも繋がり、より夏を楽しめる理由になるのではないでしょうか。

暗い色でも夏コーデに!アイポイント効果を狙う!

ブラックやブラウン、パープルなどの濃いめのカラーは秋や冬のファッションアイテムとして人気の高いアイテムです。
しかし、これらを上手に夏コーデに取り入れることでよりおしゃれに見せることができるようになります。

夏コーデのポイントは爽やかに見せることと清潔感を演出することです。
これをしようとしたときに暗いカラーでまとめることはタブーとされています。
ブラック等の暗い系統のカラーは太陽光を吸収してしまうため、どうしても暑く、重く見えてしまう傾向にあるからですね。

だからこそ敢えてコーディネートに上手に取り入れることでよりおしゃれに見えるように工夫をしていく必要があるのです。

ポイントはくらい系統のカラーをアイポイントとして使うことです。
例えばトップスにブラックを合わせるコーディネートを考えることにしましょう。
このとき、トップス以外をすべて薄い色で仕上げていくのです。
そうすることでトップスにインパクトを与えることができるため、コーディネートのアイポイントがトップスになるのです。

ボトムスにブラックを持ってくるとすると、トップスに薄いカラー持ってくることが基本になります。
しかしそれ以外にもベルトをホワイトにしてみたり、手持ちの小物を薄いカラーにしてみたり、足元を淡色系にしてみたりすることでコーディネートの中心がボトムスになるようになります。
ブラック系のボトムスで下半身を引き締めるとともに、コーディネート全体を引き締めることもできるためとてもおしゃれに、大人っぽい雰囲気を演出できるようになります。

また、夏にあえてのオールブラックコーデをすることも非常に効果的です。
日中でも通用するブラックコーデを可能にするためには、露出度がポイントになります。
ブラックアイテムを上手に活かしながら涼しく見せるために肌を活用するのです。
露出が増えることで人は涼しいという印象を持つようになります。
タンクトップ、ノースリーブ、ショーパンやハーフパンツ、スカートなど、肌の露出が多いものを揃えるととても効果的です。
また、Tシャツ等でも丸首タイプよりもVネックやワイドネックのアイテムを取り入れてちょっと崩して着ることで夏らしさを演出することができるようになります。
ブラックでまとめたコーディネートはおしゃれなだけでなく大人っぽさやエレガントさ、シックさを演出することができます。
夜にこのコーディネートをすることができれば、よりポイントが高くなるでしょう。
しかし、どうしても暑く見えてしまうため、他の部分にも工夫が必要になります。
オールブラックコーデでバッグだけホワイトにしてしまうとコーディネートが違和感を与えてしまうため、アクセサリーで調整するようにしましょう。
シルバーやホワイト系のアクセサリーで服との調和を図るようにするのです。
ブラックに映える肌のカラーとアクセサリーのカラー。
他のカラーに比べてより鮮明に映すことができるため、より大人っぽい雰囲気を演出できます。
また、ヘアースタイルも動きのあるものにするようにしましょう。
ブラックコーデをする際に前髪をおろしてしまうとそれだけで非常に重く、暑い印象を与えてしまいます。
髪を挙げたり、片方のサイドを後ろに持っていくようにするだけで爽やかさをプラスすることができます。
男性であれば短髪にすれば非常に爽やかに映すことができるため、女性にとってのポイントも高くなります。

夏だからこそ、暗いカラーを上手に取り入れること。
暗いカラーをアイポイントに使うという視点があれば、夏でも暗い色をコーディネートに取り入れることができるようになるのです。
周囲が敬遠するからこそ、あえて取り入れるのがおしゃれです。
ぜひ、夏のブラックコーデにチャレンジしてみてください。

周囲のファッションから学ぶ夏コーデ!

様々なアイテムのある夏コーデ。
個性的な1点物のアイテムからシンプルなデザインの物まで幅広いアイテムが夏コーデを彩っています。

そこで周囲のファッションに目を向けて、いいところを自分のコーディネートに取り入れていくようにしましょう。
コーディネートは主観がとても強くなってしまうので、自分の好みにあったものになりがちです。
人の好みは偏る傾向にあるため、特に単調になってしまう夏コーデには変化を与えることが難しくなります。
そこで自分の感性を大切にしながら周囲の人の感性を自分のコーディネートにプラスすることで夏ファッションに広がりを持たせることができるようになるのです。

夏コーデを学ぶことが出来る場所はたくさんあります。
まずテレビやネットなどの媒体。
ここには非常に鮮やかに見えるコーディネートが溢れています。
好きなタレントはもちろん、テレビに出演している芸能人の方のコーディネートはプロのスタイリストが行っている場合が多いです。
そうするとシンプルなアイテムでも上手に組合せているので、どんなアイテムを合わせて爽やかに見せているか、きれいにまとめているかなどを学ぶことができるのです。
また、アイテムだけでなくヘアースタイルとの組合せも非常に勉強になります。
夏は全身のスタイリングで勝負することが非常に大切になるため、服だけでなくアクセサリーやヘアースタイルも含めて夏コーデになるのです。
そこを注意深く見ることで自分の感性に注入してよりおしゃれなコーディネートをできるようにしていきましょう。

ネットではモデルの方が身につけていますし、それを写真に収めているので見える角度によって映り方が違うことを実感できます。
テレビでは後ろ姿があまり見られないですが、ネットではバックショットが掲載されている場合もあるためイメージを沸かせやすいです。

次に街中でのファッションチェックです。
評論家がするように自分自身で街の色んな方のファッションチェックをしていきましょう。
街に繰り出すとスマホ片手に歩いている方や目的地を目指して周囲に目を向けない方が多いです。
だからこそ、立ち止まって落ち着いて周囲の人のファッションチェックをするようにしましょう。
カフェなどに入ってお茶を飲みながら落ち着いて周囲に目を向けるようにするのです。
こういう組合せをしているな、とか、ここはこうするともっと良くなるのになど1つ1つのコーディネートを見つけて自分自身の感性で判断をしていくのです。
そうして思考を巡らせることで新しいコーディネートが見つかるようになります。

また、雑誌も非常に参考になる資料となります。
以前は人気モデルのみが掲載されている雑誌が多かったですが、ここ数年で雑誌の内容もかなり変わってきています。一般のおしゃれな方のスナップショットが多く掲載されているため、自分の感性と似た方のコーディネートを見つけることができるようになります。
雑誌にも景品付きのものが多くなってきているため、おしゃれの勉強もしつつアイテムをプラスできるという利点もあります。
雑誌と言ってもスマホで見れるものもかなりの量が増えてきているため、家でゴロゴロしながらスマホを見るだけでおしゃれの勉強ができるようになってきています。

コーディネートの幅を広げるためには、より多くのアイテムを目にする必要があります。
一番はたくさんのアイテムを着て自分でチェックすることですが経済的にも負担が大きくかかってしまうため、効果的とは言えません。

そこで周囲に目を向けて、周りのおしゃれを自分のおしゃれに取り入れていくこと。
それこそがあなたのファッションをより美しく、おしゃれに変えていくために必要なことでもあるのです。
単調になってしまう夏コーデだからこそ、周囲を上手に利用してあなただけの個性的なファッションを確立していきましょう。

ノースリーブに合わせたいアイテム!

夏コーデの強い味方になるノースリーブ。
夏らしさを演出するアイテムなので、多くの方が身につけているのではないでしょうか。
肩の露出を増やすノースリーブは男性にとってはワイルドで男らしい印象を、女性にとっては露出が増えてセクシーできれいに見せたり、可愛く見せたりすることができるアイテムでもあります。

だからこそ他のアイテムをどう合わせるかによってコーディネート全体に変化を与えていくことが必要になるのです。

まず、ノースリーブに合わせたいアイテムとしてトップスが挙げられます。
ノースリーブをインナーとして扱うスタイルです。
シャツやカーディガンがありますが、どう見せたいかによってチョイスを変えていく必要があります。
ノースリーブをメインで見せたいのであれば、シンプルなトップスを合わせるようにしましょう。
逆にトップスをメインで見せたい場合は、インパクトのあるトップスにしましょう。
これらトップスを身につける時のポイントはいかに着方を崩すかです。

せっかくのノースリーブもトップスを身に着けてきっちりと着てしまうとノースリーブである意味がなくなってしまいます。
ちらっと見せる着崩したスタイルで着ることで相手に与える印象を変えることができるのです。
女性であれば袖を通さずに肩にかけるスタイルにしてもいいですね。

次にタンクトップと組み合わせる着方があります。
これはなかなかしている方は少ないですがとてもおしゃれに夏感をプラスすることができる組合せです。
特に男性は露出部分を増やしながらカラーを増やすことができる着こなしテクニックになるのでお兄系やサーフ系、アメカジやロック系統のファッションが好きな方は非常に効果的です。
これらにアクセサリーを組み合わせることでオンリーワンのファッションに変えることができます。

ノースリーブは大人っぽい雰囲気を演出することもできるため、女性であればロングスカートと合わせても非常におしゃれで、落ち着いたコーディネートに変えることができます。
このとき、カラーはブラック系でも大丈夫です。
夏に避けられがちなカラーではありますが、ノースリーブの夏感はブラック系のコーディネートを可能にするほど爽やかで清潔感のあるタイムなのです。
街中ではオールブラックの夏ファッションをするときにノースリーブを身につけている方もいらっしゃいます。
このコーディネートのポイントは「肌」をアイテムとして使っていることです。

身につけているブラックアイテムと肌の白さがコントラスト効果を生むためとても美しいスタイリングになるのです。
特に夜からの予定がある場合にはブラックアイテムを身につけると落ち着いた大人の雰囲気を演出することができます。その際に、重く映りすぎないノースリーブが非常に効果的なのです。

ノースリーブはどんなアイテムとも合わせやすく、どんなジャンルにも合わせることができる夏のおしゃれアイテムです。
カジュアルにしたい場合はデニム✕スニーカーを合わせてみたり、シックにキメたい場合はスキニーやスカートと合わせてみたり。
エレガントにキメたい女性はロングスカートと合わせることもできます。
そしてタンクトップとの重ね着でメンズには男らしさの主張ができたりと豊富な合わせ方があります。

1点物のトップスとして使うだけでなく、様々なアイテムと組み合わせる工夫をすることでノースリーブの持つ夏らしさが生かされてくるのです。

腕のラインや脇のラインが気になると敬遠してしまう方もいらっしゃいますが、思っているほど派手に見えるアイテムではありません。
お持ちでない方はこの夏、ノースリーブスタイルをコーディネートの1つに取り入れてみませんか?

ボトムスとベルトの上手な合わせ方!

ボトムスにとって必要不可欠なベルトですが、合わせ方を変えるだけでファッション全体に引き締め効果をプラスすることができ、とってもおしゃれにみせることができるようになります。

ベルトというと数を揃えている方が少ないため、同じものを使いまわす傾向にあるアイテムです。
服、ボトムス、シューズ、アクセサリーとそれぞれのアイテムごとに見ても、手持ちの数が一番少なくなりがちなアイテムではないでしょうか。

しかしここがポイントで豊富なベルトの種類があれば、コーディネートの幅を広げることになるのです。

ボトムスに一番合わせやすいベルトのカラーは暗い色です。
ブラックやダークブラウンはとても合わせやすく、どんなアイテムにもフィットさせることができます。
中でもオシャレ度の高いカラーはダークブラウンです。

春や夏のコーデは全体のカラーが薄めの色で仕上げられます。
そのため、ダークブラウンという重いカラーがコントラスト効果を与えてくれるのです。
だからこそ、その引き締め効果のあるベルトは「見せる」ようにすることが必要になります。

薄いカラーの中で1本だけ重たいカラーがプラスされることでその部分に視線が向けられるようになり引き締まって見えるようになるのです。

そのアイポイントの役割を果たすベルトだからこそ、こだわりのある1品をチョイスする必要があるのです。

また、ダークブラウンやブラックなどのカラーはデニムに非常にマッチしやすいカラーでもあります。
ですから夏コーデのポイントはいかにボトムスとベルトを組み合わせるかにかかっています。

誤解されているのは、おしゃれといえばトップス勝負という考え方です。
確かにトップスは種類も多く、デザインも様々なので揃えているアイテム数がダントツに多くなるアイテムです。
しかしそのトップスを活かすも殺すもボトムス次第。
コーディネートは上半身だけでなく全体でキマるものなので、トップスを多く揃えている方はボトムスに目を向けるようにしましょう。

ボトムスにもたくさんの種類があります。
デニム、カーゴパンツ、スキニー、ハーフパンツ、綿パンなど豊富なラインナップでおしゃれのサポートをしてくれるのです。

同じジャンルで統一してもいいですし、1種類ずつ持っておくことも非常に効果的です。
また着こなし方として普通にはいてもいいですし、ロールアップをして足元をすっきり見せるスタイルにしてもいいです。

トップスのもつ個性や主張を上手に活かすように、多くのボトムスを準備してそれぞれのトップスにぴったりフィットするものをチョイスするようにしましょう。
そして、そのボトムスにベルトを上手に合わせて下半身のおしゃれに努めましょう。

基本パターンとして重いカラーのご紹介をしましたが、ベルトをあえてホワイトにするのも手です。
ベルトをホワイトにすることでトップスやボトムスのどちらかを暗いカラーに変えることができます。

ベルトをホワイトにするだけで夏コーデには敬遠されがちなブラックや暖色系のアイテムを身につけることができるようになるのです。

一度合わせて見て重く映るようであれば足元のロールアップで夏感をプラスすることができるので、コーディネートの幅を広げることにもなります。

同じようなコーディネートになりがちだからこそ、種類を増やす必要があります。
その組合せを広げるために必要になるのが、ベルトなのです。

ボトムスに必須のアイテムであるベルト。
見えないからとシンプルなものを選ぶのではなく、夏ファッションだからこそあえて「ベルトを見せる」と発想を変えてコーディネートを考えていきましょう。
そうすることであなたの新しいファッションスタイルが確立されていくのです。