暗い色でも夏コーデに!アイポイント効果を狙う!

ブラックやブラウン、パープルなどの濃いめのカラーは秋や冬のファッションアイテムとして人気の高いアイテムです。
しかし、これらを上手に夏コーデに取り入れることでよりおしゃれに見せることができるようになります。

夏コーデのポイントは爽やかに見せることと清潔感を演出することです。
これをしようとしたときに暗いカラーでまとめることはタブーとされています。
ブラック等の暗い系統のカラーは太陽光を吸収してしまうため、どうしても暑く、重く見えてしまう傾向にあるからですね。

だからこそ敢えてコーディネートに上手に取り入れることでよりおしゃれに見えるように工夫をしていく必要があるのです。

ポイントはくらい系統のカラーをアイポイントとして使うことです。
例えばトップスにブラックを合わせるコーディネートを考えることにしましょう。
このとき、トップス以外をすべて薄い色で仕上げていくのです。
そうすることでトップスにインパクトを与えることができるため、コーディネートのアイポイントがトップスになるのです。

ボトムスにブラックを持ってくるとすると、トップスに薄いカラー持ってくることが基本になります。
しかしそれ以外にもベルトをホワイトにしてみたり、手持ちの小物を薄いカラーにしてみたり、足元を淡色系にしてみたりすることでコーディネートの中心がボトムスになるようになります。
ブラック系のボトムスで下半身を引き締めるとともに、コーディネート全体を引き締めることもできるためとてもおしゃれに、大人っぽい雰囲気を演出できるようになります。

また、夏にあえてのオールブラックコーデをすることも非常に効果的です。
日中でも通用するブラックコーデを可能にするためには、露出度がポイントになります。
ブラックアイテムを上手に活かしながら涼しく見せるために肌を活用するのです。
露出が増えることで人は涼しいという印象を持つようになります。
タンクトップ、ノースリーブ、ショーパンやハーフパンツ、スカートなど、肌の露出が多いものを揃えるととても効果的です。
また、Tシャツ等でも丸首タイプよりもVネックやワイドネックのアイテムを取り入れてちょっと崩して着ることで夏らしさを演出することができるようになります。
ブラックでまとめたコーディネートはおしゃれなだけでなく大人っぽさやエレガントさ、シックさを演出することができます。
夜にこのコーディネートをすることができれば、よりポイントが高くなるでしょう。
しかし、どうしても暑く見えてしまうため、他の部分にも工夫が必要になります。
オールブラックコーデでバッグだけホワイトにしてしまうとコーディネートが違和感を与えてしまうため、アクセサリーで調整するようにしましょう。
シルバーやホワイト系のアクセサリーで服との調和を図るようにするのです。
ブラックに映える肌のカラーとアクセサリーのカラー。
他のカラーに比べてより鮮明に映すことができるため、より大人っぽい雰囲気を演出できます。
また、ヘアースタイルも動きのあるものにするようにしましょう。
ブラックコーデをする際に前髪をおろしてしまうとそれだけで非常に重く、暑い印象を与えてしまいます。
髪を挙げたり、片方のサイドを後ろに持っていくようにするだけで爽やかさをプラスすることができます。
男性であれば短髪にすれば非常に爽やかに映すことができるため、女性にとってのポイントも高くなります。

夏だからこそ、暗いカラーを上手に取り入れること。
暗いカラーをアイポイントに使うという視点があれば、夏でも暗い色をコーディネートに取り入れることができるようになるのです。
周囲が敬遠するからこそ、あえて取り入れるのがおしゃれです。
ぜひ、夏のブラックコーデにチャレンジしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です