夏こそ自分スタイルを貫こう!

夏コーデを考えるとき、他の季節と比べて周囲にどう見えるかを意識してしまう方が多いように感じます。

暑く映らないかな、重たくならないかなという心配はもちろん、汗も気になる季節なのでどうしてもコーディネートが単調になってしまい、周囲を見ても同じようなコーディネートに見えてしまいます。

もちろん、相手に不快な印象を与えないことは大切です。
しかし、周囲のことを考えすぎることによって、自分の好きな服やスタイルができていない方が多いのではないでしょうか。

おしゃれは楽しんでするものです。
周囲ばかりを気にしてコーディネートをすることは個性を抑制してしまうことにも繋がります。
だからこそ、夏コーデを考えるときは自分の好きなスタイルのアイテムを取り入れるように考えることが大切になるのです。

カラーバランスの関係で、全身お気に入りのアイテムでまとめることは難しいです。
秋や冬はかなりのバリエーションが可能になるため、おしゃれが好きな方は秋冬が非常に楽しく、夏は「早く終わらないかな」となってしまうもの。
しかし、1点お気に入りのものを身につけるとコーディネートのテーマを決めて、他のアイテムで上手に組み合わせるスタイルにしていきましょう。

人は自分の好きなものを身に着けているとそれだけで気分が上がってきます。
自分に自信が持てない方はなおのこと自分の好きなアイテムを取り入れることが必要です。

そして爽やかに見えるように細部にこだわってコーディネートをしていくようにしましょう。
夏のコーディネートは実は自由度が高いのです。
ポイントになるのは見せるところは見せるというメリハリです。
肌をいかに見せていくかが夏コーデでは重要になるのです。

言い方を変えれば、露出部分をしっかりと確立することでどんなアイテムでも取り入れることができるのが夏コーデなのです。
ブラックで統一してもよし、モノトーンで決めてもよし。
肌が見える面積を増やすだけで夏らしさをプラスすることができるのです。

露出を増やすというと、胸元や腕などを想像する方が多いと思います。
しかし、露出は上半身だけではないのです。
デニムを履いてロールアップして足首を見せるスタイルにすること、前髪を上げておでこを見せるようにすること。
これも立派な露出を増やすテクニックなのです。

これまで隠していた部分を見せるようにすることで肌の露出が増えるため、それだけで爽やかで清潔感のある印象を相手に与えることができるようになるのです。

この露出を増やすことで自分の好きなスタイルを貫くことができるようになります。
露出を増やすことで夏感を与えることができるため、自分の好きな服を好きなように着ることができるようになるのです。

もちろん、長袖やアウター等は厳しいですよ!笑
しかし好きなジャンルのアイテムや系統のファッションスタイルをすることができるようになるのです。

汗が気になる方でも今では汗止めや制汗アイテム等もありますし、保冷タオル等の熱中症予防アイテムも豊富にあるため、昔に比べてかなりの工夫を施すことができるようになっています。

このようなアイテムがあるからこそ、夏コーデの幅を広げることができるのです。
おしゃれを楽しむということは、服を着るだけではないのです。
それ以外の部分にも目を向けて、着たい服を着られる努力をすること。
それも立派なおしゃれの要素の1つなのです。

露出を増やすこと、夏に問題視される汗の対処をすること。
この2点に気を使うだけで夏のコーディネートの幅を広げることができます。

夏だからこそ、自分の身につけたいアイテムを身につけること。
そんな自分スタイルを貫くことがあなたにとっては一番のおしゃれなのではないでしょうか。
オリジナルTシャツ プリントなどあまり周囲を気にせずいいと思ったものを身につける自由なスタイルこそがストレス発散にも繋がり、より夏を楽しめる理由になるのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です