ボトムスとベルトの上手な合わせ方!

ボトムスにとって必要不可欠なベルトですが、合わせ方を変えるだけでファッション全体に引き締め効果をプラスすることができ、とってもおしゃれにみせることができるようになります。

ベルトというと数を揃えている方が少ないため、同じものを使いまわす傾向にあるアイテムです。
服、ボトムス、シューズ、アクセサリーとそれぞれのアイテムごとに見ても、手持ちの数が一番少なくなりがちなアイテムではないでしょうか。

しかしここがポイントで豊富なベルトの種類があれば、コーディネートの幅を広げることになるのです。

ボトムスに一番合わせやすいベルトのカラーは暗い色です。
ブラックやダークブラウンはとても合わせやすく、どんなアイテムにもフィットさせることができます。
中でもオシャレ度の高いカラーはダークブラウンです。

春や夏のコーデは全体のカラーが薄めの色で仕上げられます。
そのため、ダークブラウンという重いカラーがコントラスト効果を与えてくれるのです。
だからこそ、その引き締め効果のあるベルトは「見せる」ようにすることが必要になります。

薄いカラーの中で1本だけ重たいカラーがプラスされることでその部分に視線が向けられるようになり引き締まって見えるようになるのです。

そのアイポイントの役割を果たすベルトだからこそ、こだわりのある1品をチョイスする必要があるのです。

また、ダークブラウンやブラックなどのカラーはデニムに非常にマッチしやすいカラーでもあります。
ですから夏コーデのポイントはいかにボトムスとベルトを組み合わせるかにかかっています。

誤解されているのは、おしゃれといえばトップス勝負という考え方です。
確かにトップスは種類も多く、デザインも様々なので揃えているアイテム数がダントツに多くなるアイテムです。
しかしそのトップスを活かすも殺すもボトムス次第。
コーディネートは上半身だけでなく全体でキマるものなので、トップスを多く揃えている方はボトムスに目を向けるようにしましょう。

ボトムスにもたくさんの種類があります。
デニム、カーゴパンツ、スキニー、ハーフパンツ、綿パンなど豊富なラインナップでおしゃれのサポートをしてくれるのです。

同じジャンルで統一してもいいですし、1種類ずつ持っておくことも非常に効果的です。
また着こなし方として普通にはいてもいいですし、ロールアップをして足元をすっきり見せるスタイルにしてもいいです。

トップスのもつ個性や主張を上手に活かすように、多くのボトムスを準備してそれぞれのトップスにぴったりフィットするものをチョイスするようにしましょう。
そして、そのボトムスにベルトを上手に合わせて下半身のおしゃれに努めましょう。

基本パターンとして重いカラーのご紹介をしましたが、ベルトをあえてホワイトにするのも手です。
ベルトをホワイトにすることでトップスやボトムスのどちらかを暗いカラーに変えることができます。

ベルトをホワイトにするだけで夏コーデには敬遠されがちなブラックや暖色系のアイテムを身につけることができるようになるのです。

一度合わせて見て重く映るようであれば足元のロールアップで夏感をプラスすることができるので、コーディネートの幅を広げることにもなります。

同じようなコーディネートになりがちだからこそ、種類を増やす必要があります。
その組合せを広げるために必要になるのが、ベルトなのです。

ボトムスに必須のアイテムであるベルト。
見えないからとシンプルなものを選ぶのではなく、夏ファッションだからこそあえて「ベルトを見せる」と発想を変えてコーディネートを考えていきましょう。
そうすることであなたの新しいファッションスタイルが確立されていくのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です