缶バッジの歴史や種類、活用方法などまとめてみた

リーマントーク

缶バッジとはそもそもどのようなものを指すのでしょうか?一般的にはブリキやスチール、アルミなどの金属製のバッジで中身が空洞になっているものを指します。

それ以前に缶バッジのバッジがその語源になっています。洋服のエリア胸の部分につけるもので、利用者の所属や資格等をデザインした記章のことをバッジと呼びます。具体的には日本人でわかりやすいところで言うと国会議員のバッチや具体的には日本人でわかりやすいところで言うと国会議員のバッジや赤い羽もバッジに属します。

これを缶バッジとして応用して利用しているものがアニメやアイドルのイベントで使われるノベルティーとしてのバッジ、限定製品、さらにはコレクターのアイテムとしても利用されています。

缶バッジの歴史について

では、バッジを語源とする缶バッジがどこの国でどのように生まれ、現在日本でどのように広まっていったのかを具体的に挙げていきたいと思います。

もともとは、1789年に初代アメリカ大統領の大統領就任式で支持者がボタンを身に付けていたと言う記憶があり、選挙運動で活用されていたものがスタートだと考えられています。

そして、1896年に現在の缶バッジと同様の機能やデザインを果たす商品が商標登録されています。時を同じくして漫画のキャラクターを販促用の缶バッジとして利用。その後、ノベルティーグッズとしてアメリカだけではなく日本でも利用用途が広がってきたと言われています。

わかりやすく言えばそもそもの役割としては思いを同じくする者が同じデザインで着用することからスタートし、少しずつ用途が広がり現在ではコレクターズアイテムとしての役割を果たすイメージの方が強くなったと言えるのではないでしょうか。特に日本では後者のイメージの方が色濃く反映されて利用用途が広がってきているといえます。

缶バッジの活用方法について

前述の通り日本における缶バッジは、コレクターズアイテムとしての用途が非常に強く息づいています。

活用方法ですが、最もわかりやすいのがノベルティーとしての活用方法です。アニメやアイドルのイベントにおけるノベルティーグッズとして大量生産し、ブランド訴求力を高めるためにファンに対して配布をする、またはプレミア感を植え付けることが1番。

次に、販売用としての活用方法です。プレミア感を持って少数生産するだけではなく、ガチャガチャや一般店頭用として大量生産の上、幅広いユーザに対して販売していく活用方法もあります。

いずれにしても、生産のコストが非常に安く、デザイン性が高い商品であっても、簡単に作り上げることができます。大量生産を行う前提の活用方法によってコストパフォーマンスを上げることもできますので、非常に活用しやすいノベルティーとしてのイメージが日本のビジネスの中では最も大きいと言えるのではないでしょうか。

缶バッジの種類について

缶バッジはコストやその用途に合わせて様々な種類があります。具体的に一般的な缶バッジの種類をお伝えしていきたいと思います。

まず、定番と言えるのがクリップと安全ピンのタイプになります。コスト的には安全ピンタイプが最も優れています。さらに安全ピンに加えてクリップを加えることで利便性を増す事が可能。用途によって穴を開けたくないスーツなどを着用するユーザに利用する場合にはニーズが高いと思われます。

次に裏面がマグネット仕様のタイプです。表面はブリキ素材であればどこでも利用できるといった利便性があります。

そして、携帯ストラップタイプです。ノベルティーの用途で非常に人気が高く、販売用であってもノベルティーであってももらった方が非常に嬉しいタイプでしょう。類似品としてストラップ部分がボールチェーンストラップのタイプもあります。

そして珍しいところで栓抜きタイプ。通常よりも少し大きめのサイズで作成し飲食店などで重宝するタイプになります。

缶バッジの制作方法について

缶バッジは、もちろんプライベートで家庭で少量生産することも可能ですが、あくまでもノベルティーや販売用として検討した場合には発注することになるでしょう。

その際にポイントになるのがいくつかあります。まずは缶バッジのサイズです。製造元によって様々なサイズを準備しています。さらには前段で述べたどのタイプの缶バッジを作るかと言う選択です。

そして、何よりもデザインがポイントになると思います。自社でデザイン提供を行った上、生産を行ってもらうパターン、デザインから生産側に依頼を行い納品してもらうパターンなど様々なパターンが考えられます。

もちろん、ロット、デザインによって納期や納入金額も大きく変わってきますが、コストパフォーマンスとして他のノベルティーと比べても非常に高いのが大きなポイントだと思います。

また単なるバッジだけでなく、キーホルダーやミラー、ストラップ、クリップピンなどいろんな商品が提供されています。

缶バッジで有名なセカンドプレスさんだと最低ロット10個で39円から製作してくれるようです。詳細は下記リンク(セカンドプレス公式サイト)より。

価格の一覧とサービス 国内最大級の缶バッジ製造サービス | SECONDPRESS.US®
セカンドプレスの缶バッジはオーダーメイドなのに格安。しかも300個以上で送料無料。ここでは税別表示の価格表で、簡単に計算ができます。また、お客様の色々なニーズに合わせた痒いところに手が届くオプションサービスもご紹介します。

簡単に制作するためのツール

場合によっては、缶バッジを自作できる場合もあります。ツールが実際に販売されています。業務用ではなく、コンシューマー用として利用可能な商品も数多く販売されています。場合によってはイベント等でお客様に缶バッジの制作そのものを楽しんでもらう場合には、こうした政策ツールを調達することも1つの考え方だと思います。もちろん、制作ツールそのもののコストだけではなくオリジナル缶バッジ制作にあたっての部材も必要となります。

しかしながら、場合によっては100円ショップなどでキットが販売されています。コストパフォーマンスを考えたときに、例えば商業施設、企業ミュージアム、さまざまな施設などでお客様に数多く楽しんでもらおうと考えた場合には非常に有効になるでしょう。

一人当たりの単価が非常に安いこと、スタッフも少人数で済むこと、安全性の側面、そして何より、お客様の満足度を考えても非常に有効なツールになる事は間違いありません。

缶バッジはいつの時代も人気者

ここまで、缶バッジの意味、歴史、用途、制作方法等について触れてきました。

正直なところ長い歴史を誇るとは言え、あくまでもアナログでお客様に対してダイレクトに訴えかけることができるノベルティーであり、商品であるといえます。

これだけすべてのツールがデジタル化した中、長い歴史を誇りつつお客様に喜ばれるノベルティーもなかなか少ないのではないかと思います。

それも、抜群のコストパフォーマンスを保ちながらお客様に安全性だけではなく満足度を与えることができる商品は他に探してもなかなかないでしょう。

また、商品の特性上、お客様が実際に身に付けて長く利用される可能性が高いことも考えるとノベルティーや商品としてのコストパフォーマンスだけではなく、ブランド価値向上を図るため、ファン化を図るためのツールとしての効果もアナログとしては非常に高いのではないかと思います。

昨今、アナログな文化が見直されつつあります。デジタルでは通じないアナログならではの良さ、そしてその代表的なツールが考えようによっては缶バッジだと言えるのではないでしょうか。

さらにコストパフォーマンスの高いとなれば企業にとっては非常にありがたいツールといえます。これからも末永く愛されるノベルティーであり商品であり続けるでしょう。

タイトルとURLをコピーしました