TOEICで高得点を上げるために

リーマントーク

今や英語の能力はビジネスマンや学生にとって必須のスキルとなっています。それも単なる受験英語ではなく実践的なリスニングやスピーキング、場合によっては契約書まで読めるようになっておけば万全だと言えるでしょう。

そして、そのような英語の能力を客観的に測るものとしてTOEICの点数が基準になっています。社内では昇格のハードルになっていたり、留学を志す場合の点数の基準もTOEICが使われています。いかにしてTOEICで高得点を上げることができるか具体的に考えていきたいと思います。

TOEICの目標設定について

受験英語しか学んで来なければTOEICで突然高得点を上げることを難しいと思います。なぜなら、TOEICの問題はより、ネイティブに近い方々の生活に基づいて作られているからです。それは自分だけではなくリーディングについても同じことです。

それだけにTOEICを初めて受験するのであれば目標設定を明確に設け、次第にターゲットを上げていくことが重要になるかと思います。実際に市販の問題集も目標点数によって、レベル設定が行われています。

例えば全く英語に自信がないのであればまずは400点を目標にするところからスタート。簡単な英語が理解できるのであれば550点。さらにビジネスでの日常会話ある程度できるようになりたいと言うのであれば600点以上と様々な目標設定が可能です。もちろんのことながら800点以上になればネイティブと変わらないリーディング、スピーキング能力と言えるのではないでしょうか。

いずれにしても、自分自身の能力をまず知ることから始め、目標を少しずつ高めていくことがTOEICの英語学習のポイントになってくると思います。

リスニング能力を高めるために

TOEICのリスニング問題をこなすためには、できるだけ日々英語に触れておく必要があります。ここで1つ注意しておきたいのはテクニックだけで得点できる能力を身に付けることをやめてもらいたいと言うことです。あくまでも実践的な英語能力を身に付けるためにTOEICの学習を行うわけですから。

そこで具体的にお勧めしたい勉強方法がいくつかあります。まずは、毎朝、10分程度でも構わないので英語のニュースを聞いてみましょう。実際に画像とセットで英語のニュースを聞くことでなんとなくわかるようになってきます。また、通勤や通学ではスマートフォンを活用して英語のニュースを同じように聞いてみましょう。このように毎日少しずつ英語に触れるだけで、英語に慣れてくるものです。

そして、ぜひともお勧めしたいのはネイティブの方とのコミニケーションを取ることです。実際に会話をすることで英語のリスニング能力が上がります。スピーキング能力も上がりますので実践的な英語能力が高まることに間違いありません。

リーディング能力を高めるために

TOEICのリーディングは何といってもネイティブの方でも読みこなすことが大変な量の長文にあります。レストランのメニューやチラシの情報などは比較的イメージしやすく、生活に密着しているので取りやすいと思います。

TOEICの過去問や問題集を解くことも重要ですが、基準として難関公立大学や難関私立大学の長文問題を合わせてといてみることも良いと思います。

ところ、900点以上を取得する方々でもTOEICの長文を全てよみこなすは難しいと言われています。
後は日々の積み重ねが絶対に大事になってきます。英字新聞を購読するまではなくとも、インターネットで英語の文章を必ず毎日読むこと、それも1000ワード程度の記事を短時間で読み込み、文脈をきちんと理解することが重要です。

リスニングと同じくリーディングの英語は慣れが1番大事です。並行して単語の暗記、イディオムを学ぶことも重要でしょう。

単なる暗記は面白くないかもしれませんが、やはり単語やイディオムをどれだけ知っているかは大きな差につながってきます。地道なところですが毎日少しずつ心がけてください。

日常的な英語の勉強方法

以上のように英語はこれからグローバルスタンダード必要とされるビジネススキルになってきます。だからこそTOEICで高得点を上げることを目標とせず、グローバルに通用するビジネスマンになるために必要な手段と考えて欲しいのです。

そして、1番有効なのはネイティブの方々とのコミニケーションをすることです。実際に語学を学ぶだけではなく、カルチャー面でも様々なことを吸収しなければせっかくの語学を学ぶにあたっての意味が半減してしまいます。

最終的には自分自身がビジネスや文化面でもグローバルに通用する人間になれることです。実際にコミニケーションを取るようになっていれば、TOEICの点数など簡単に高得点を挙げられるようになるはずです。

最近は、英会話教室に通わずとも、オンラインで自分自身が好きな時間にネイティブの方々とコミニケーションを取れるようなメニューも数多く準備されています。やる気さえあれば、英語はいくらでも上達することができる環境にあるのです。
方々と思い切ってコミニケーションを取るところから始めてみましょう。

タイトルとURLをコピーしました